1. TOP
  2. 【2017年 浦和レッズの戦力】メンバー、予想順位、注目選手、期待値などを勝手に評価してみた!

【2017年 浦和レッズの戦力】メンバー、予想順位、注目選手、期待値などを勝手に評価してみた!

 2017/02/01 Jリーグ この記事は約 6 分で読めます。

2016年の「幻の王者」であった浦和レッズは、2017年の今年真のチャンピオンになることができるだろうか。

DFを除けば、まんべんなく補強を行った浦和。今年も優勝候補筆頭のクラブであることは間違いない。

(当記事については、Football Switchの独断と偏見で書いたものです。悪しからずご了承ください。)

 

スポンサーリンク

2017年のメンバーリスト

色付きの選手について
新戦力
レンタル復帰
下部組織出身
ルーキー
・※期 = 期限付き移籍の選手

┃NO┃名前┃年齢┃身長体重┃在籍年数┃前所属┃

【GK】
┃01┃西川 周作┃30┃183/81┃4┃広島┃
┃23┃岩舘 直┃28┃183/78┃4┃水戸┃
┃25┃榎本 哲也┃33┃180/76┃1┃横浜┃
┃28┃福島 春樹┃23┃182/82┃2┃鳥取┃

【DF】
┃04┃那須 大亮┃35┃180/77┃5┃柏┃
┃05┃槙野 智章┃29┃182/77┃6┃ケルン┃
┃06┃遠藤 航┃23┃178/75┃2┃湘南┃
┃46┃森脇 良太┃30┃177/75┃5┃広島┃

【MF】
┃03┃宇賀神 友弥┃28┃172/71┃8┃流経大┃
┃07┃梅崎 司┃29┃169/68┃10┃大分┃
┃10┃柏木 陽介┃29┃176/73┃8┃広島┃
┃14┃平川 忠亮┃37┃172/72┃16┃筑波大┃
┃15┃長澤 和輝┃25┃172/68┃1┃千葉┃
┃16┃青木 拓矢┃27┃179/77┃5┃大宮┃
┃17┃田村 友┃24┃185/88┃1┃福岡※期┃
┃18┃駒井 善成┃24┃168/64┃2┃京都┃
┃22┃阿部 勇樹┃35┃178/77┃6┃レスター┃
┃24┃関根 貴大┃21┃167/63┃5┃浦和ユース┃
┃26┃伊藤 涼太郎┃18┃174/62┃2┃作陽高校┃
┃38┃菊池 大介┃25┃172/66┃1┃湘南┃
┃39┃矢島 慎也┃23┃171/67 ┃1┃岡山┃

【FW】
┃08┃ラファエル・シルバ┃24┃179/73┃1┃新潟┃
┃09┃武藤 雄樹┃28┃170/68┃3┃仙台┃
┃13┃高木 俊幸┃25┃170/63┃3┃清水┃
┃18┃オナイウ 阿道┃21┃180/74┃1┃千葉┃
┃20┃李 忠成┃31┃182/73┃4┃サウサンプトン┃
┃21┃ズラタン┃33┃186/80┃3┃大宮┃
┃30┃興梠 慎三┃30┃175/72┃5┃鹿島┃

2017年シーズン勝手に予想と評価

A評価 高 A+++ A++ A+ A 低

B評価 高 B+++ B++ B+ B 低

C評価 高 C+++ C++ C+ C 低

◎期待値 A++

ミシャ(ミハイロ・ペトロヴィッチ監督)が浦和に就任した2012年以降、2017年で6年目。

過去の浦和レッズの監督の中でも、最長歴を誇っている。ここ一番での勝負弱さはあるが、一貫してリーグでも優勝を狙える位置にいることは、過去の浦和レッズにはなかった功績の1つ。

今年も上位に食い込んでくる可能性が高く、もちろん優勝を狙える数少ないクラブの1つであることに変わりはないだろう。

 

◎補強 A+

大型補強は特になし。DFの積極的な補強が見られなかったが、福岡からレンタル獲得した田村は、DFで使われる可能性。荒削りだが化ける可能性は十分ある。

その他のポジションでは、バランス良く補強をした印象。すでにチームとして幹が出来上がっている浦和としては、枝葉をアレンジする選手を獲得した。

 

◎予想順位 1位

攻守において最もバランスが取れているチームと言える。2016年は、リーグ最少失点数の28と1試合平均0.8。

今年も1以下に抑えることが出来れば、自ずと上位に進出するだろう。

これまで培ってきた土台のうえに、ラファエル・シルバがどれだけアジャストできるかどうかで優勝は決まる。

 

スポンサーリンク

◎予想以上に活躍するかもしれない選手

MF 田村 友(24)

 

◎今年の浦和

今年の浦和を表すとしたら、「継続性の深化」ではないか。

基本的に、浦和レッズはすでに完成されたチームで、あとはどれだけ質を高めていけるか、という次元のチームになっている。

その中で、ミシャが就任していて以来、初めて個人で打開する選手を獲得したのが、ラファエル・シルバ。

継続性というベースの上に、さらに高いレベルのチームに仕上げていくためのピースとも思える。

 

最悪、ラファエル・シルバがチームにフィットしなくても、これまで積み上げてきたベースがあるので、上位に進出する可能性は当然高い。

もしラファエル・シルバが、これまでのベースの上に、活きてくるようならさらにワンランク上のチームになるだろう。

ミシャにとっても、これまでいなかったタイプの選手を新たに組み込んでいくという、チャレンジの年になるのではないか。

シェフであるミシャが、この素材をどう料理するか楽しみなところ。

2017年の成績

2勝1敗1分 勝点7 得点10 失点6 得失点4

勝敗┃日付┃節┃H&A┃対戦相手┃スコア┃累計勝点┃順位

●┃2/25(土)┃1節┃A┃横浜┃2-3┃0┃13位┃
○┃3/4(土)┃2節┃H┃C大阪┃3-1┃3┃7位┃
○┃3/10(金)┃3節┃H┃甲府┃4-1┃6┃4位┃
△┃3/19(日)┃4節┃A┃G大阪┃1-1┃7┃6位┃
┃4/1(土)┃5節┃A┃神戸┃
┃4/7(金)┃6節┃H┃仙台┃
┃4/16(日)┃7節┃A┃FC東京┃
┃4/22(土)┃8節┃H┃札幌┃
┃4/30(日)┃9節┃A┃大宮┃
┃5/4(木)┃10節┃H┃鹿島┃
┃5/14(日)┃11節┃A┃新潟┃
┃5/20(土)┃12節┃H┃清水┃
┃5/27(土)┃13節┃A┃川崎┃
┃6/4(日)┃14節┃A┃柏┃
┃6/18(日)┃15節┃H┃磐田┃
┃6/25(日)┃16節┃A┃鳥栖┃
┃7/1(土)┃17節┃H┃広島┃

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

FOOTBALL SWITCH|フットボールスイッチの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FOOTBALL SWITCH|フットボールスイッチの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

記事を書いた人紹介 記事を書いた人一覧

FOOTBALL SWITCH ブログ部

FOOTBALL SWITCH ブログ部

昭和後期生まれ。アラフォーに片足突っ込んでますが、フットサル楽しんでます!2016年7月からこのブログを始めました!サッカーを中心に、「わかりやすく、楽しく」をモットーに書いています!

【初めての観戦シリーズ】
Jリーグは、93年開幕前のプレーシーズンマッチ。浦和レッズ対横浜フリューゲルス。日本代表は、サムライブルーならぬ、サムライレッドの定期日韓戦。(90年初頭の代表ユニは、赤だったのです)。海外の試合は、スタディオ・オリンピコにて、ローマ対レッジーナ。初めてのW杯は、テレビは90年イタリアW杯。この時のコロンビア代表が好きだった。生観戦は02年日韓W杯でイタリア対メキシコ、続けて日本対トルコを観戦。続く、06年もドイツで観戦。18年ロシア行きを企み中。。。

関連記事

  • 【2017年 鹿島アントラーズの戦力】メンバー、予想順位、注目選手、期待値などを勝手に評価してみた!

  • 【2017 ACL】浦和レッズの対戦相手、日程、テレビ放送をまとめてみたよ!

  • 【2016年版】Jリーグのチーム数は、どんな遷移で増えたのか?

  • 【2016年】JリーグCS(チャンピオンシップ)の組み合わせはこうなったよ!

  • 【2017 J2リーグ】最新順位表、順位推移表、勝点獲得ランキング

  • これを見ればJリーグの分かりにくいCSの仕組みが一発でわかる!