1. TOP
  2. Jリーグ
  3. 【2017年 大宮アルディージャ戦力】メンバー、予想順位、注目選手、期待値などを勝手に評価してみた!

【2017年 大宮アルディージャ戦力】メンバー、予想順位、注目選手、期待値などを勝手に評価してみた!

 2017/03/04 Jリーグ この記事は約 5 分で読めます。

わずか1年でJ2から這い上がってきた大宮アルディージャ。

2015年J2での優勝の勢いそのままに、昇格組の雄・大宮は、2016年J1でも大暴れした。

家長を中心にまとまったチームで、J1で過去最高の5位と最高のパフォーマンスを見せた。しかし、このシーズンオフでは、チームのエースである家長が川崎フロンターレに移籍した。一見、2016年シーズンよりも厳しいシーズンが予想されるが、果たして・・・。

(当記事については、Football Switchの独断と偏見で書いたものです。悪しからずご了承ください。)

スポンサーリンク

2017年のメンバーリスト

色付きの選手について
新戦力
レンタル復帰
下部組織出身
ルーキー
・※期 = 期限付き移籍の選手

┃NO┃名前┃年齢┃身長体重┃在籍年数┃前所属┃

【GK】
┃01┃加藤 順大┃32┃180/79┃6┃川崎┃
┃21┃塩田 仁史┃35┃185/83┃3┃FC東京┃
┃32┃加藤 有輝┃19┃187/79┃2┃大宮ユース┃
┃50┃松井 謙弥┃31┃187/72┃2┃川崎┃

【DF】
┃02┃菊地 光将┃31┃182/72┃6┃川崎┃
┃03┃河本 裕之┃31┃183/72┃3┃神戸┃
┃04┃山越 康平┃23┃183/78┃2┃明治大┃
┃05┃沼田 圭悟┃26┃170/65┃2┃讃岐┃
┃06┃河面 旺成┃22┃183/75┃1┃明治大┃
┃13┃渡部 大輔┃27┃170/67┃10┃大宮ユース┃
┃19┃奥井 諒┃26┃169/62┃2┃神戸┃
┃30┃大屋 翼┃30┃180/79┃3┃神戸┃
┃22┃和田 拓也┃26┃170/63┃5┃仙台┃
┃25┃高山 和真┃20┃179/72┃4┃大宮ユース┃

【MF】
┃07┃江坂 任┃24┃175/67┃2┃草津┃
┃15┃大山 啓輔┃21┃174/62┃6┃大宮ユース┃
┃16┃マテウス┃22┃167/69┃2┃バイーア┃
┃17┃横谷 繁┃29┃179/71┃3┃京都┃
┃23┃金澤 慎┃33┃174/67┃14┃東京V┃
┃27┃黒川 淳史┃19┃170/60┃2┃大宮ユース┃
┃28┃長谷川アーリアジャスール┃28┃186/76┃1┃湘南┃
┃38┃山田 陸┃18┃176/72┃1┃大宮ユース┃
┃40┃茨田 陽生┃25┃173/69┃1┃柏┃
┃44┃瀬川 祐輔┃23┃170/67┃1┃草津┃

【FW】
┃08┃ドラガン・ムルジャ┃33┃187/79┃4┃レッドスター┃
┃09┃ネイツ・ペチュニク┃31┃189/83┃2┃レッドスター┃
┃10┃大前 元紀┃27┃167/68┃1┃清水┃
┃11┃播戸 竜二┃37┃171/67┃3┃鳥栖┃
┃24┃清水 慎太郎┃24┃176/73┃3┃岡山┃
┃30┃藤沼 拓夢┃19┃171/66┃2┃大宮ユース┃

2017年シーズン勝手に予想と評価

A評価 高 A+++ A++ A+ A 低

B評価 高 B+++ B++ B+ B 低

C評価 高 C+++ C++ C+ C 低

◎期待値  B

家長昭博の抜けた「穴」をどうカバーするか。
という部分を避けて通れない以上、去年よりも成績的な部分での上積みは厳しいのではないか、と予想している。

乱暴に言えば、「大宮-(引く)家長昭博」+ 大前元紀は、2016年よりも下。

そういう意味で、2017年の上位進出は難しいのではないか。

 

スポンサーリンク

◎補強 B+

家長の抜けた穴に、同じプレーイメージの大前を清水から持ってきた。
大前が素晴らしい選手であることに変わりはないのだが、お互いの特徴などを把握したり、プレーで表現するにはおそらく時間が足りない。

大前の負担を減らす意味でも、もう少し補強が欲しかったところ。
その中で、マテウスの完全移籍での獲得はプラス材料。
大宮の良さは、守備の安定面も見逃せない。そこが大崩れしなければ、大前がフィットしてくる中盤戦以降は、成績も上昇してくるかもしれない。

 

◎予想順位 10位

心配なのは、序盤戦で勝てない試合が続いた時に、降格争いに巻き込まれないか。
序盤の数試合で、内容は悪くても勝点3を拾いたいところ。

序盤戦で勝てない試合が続いて、中盤戦から少しずつ順位を上げていった去年のサガン鳥栖みたいなイメージを持っています。

2017年の成績

0勝4敗0分 勝点0 得点1 失点7 得失点-6

勝敗┃日付┃節┃H&A┃対戦相手┃スコア┃累計勝点┃順位

●┃2/25(土)┃1節┃H┃川崎┃0-2┃0┃18位┃
●┃3/4(土)┃2節┃A┃FC東京┃0-2┃0┃17位┃
●┃3/11(土)┃3節┃H┃磐田┃1-2┃0┃18位┃
●┃3/18(土)┃4節┃A┃甲府┃0-1┃0┃18位┃
┃4/1(土)┃5節┃H┃鹿島┃
┃4/8(土)┃6節┃H┃神戸┃
┃4/16(日)┃7節┃A┃清水┃
┃4/21(金)┃8節┃A┃G大阪┃
┃4/30(日)┃9節┃H┃浦和┃
┃5/6(土)┃10節┃A┃札幌┃
┃5/14(土)┃11節┃H┃仙台┃
┃5/20(土)┃12節┃H┃C大阪┃
┃5/27(日)┃13節┃A┃柏┃
┃6/4(日)┃14節┃H┃鳥栖┃
┃6/17(土)┃15節┃A┃新潟┃
┃6/25(日)┃16節┃A┃広島┃
┃7/1(土)┃17節┃H┃横浜FM┃

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

FOOTBALL SWITCH|フットボールスイッチの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FOOTBALL SWITCH|フットボールスイッチの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

記事を書いた人紹介 記事を書いた人一覧

FOOTBALL SWITCH ブログ部

FOOTBALL SWITCH ブログ部

昭和後期生まれ。アラフォーに片足突っ込んでますが、フットサル楽しんでます!2016年7月からこのブログを始めました!サッカーを中心に、「わかりやすく、楽しく」をモットーに書いています!


【初めての観戦シリーズ】

Jリーグは、93年開幕前のプレーシーズンマッチ。浦和レッズ対横浜フリューゲルス。日本代表は、サムライブルーならぬ、サムライレッドの定期日韓戦。(90年初頭の代表ユニは、赤だったのです)。海外の試合は、スタディオ・オリンピコにて、ローマ対レッジーナ。初めてのW杯は、テレビは90年イタリアW杯。この時のコロンビア代表が好きだった。生観戦は02年日韓W杯でイタリア対メキシコ、続けて日本対トルコを観戦。続く、06年もドイツで観戦。18年ロシア行きを企み中。。。


関連記事

  • 【2017年Jリーグ移籍情報】例年以上にストーブリーグが活況か!?

  • 【2017 ACL】ガンバ大阪の対戦相手、日程、テレビ放送を書いてみたよ!

  • 将来のJリーグ入会の最初の関門「Jリーグ百年構想クラブ」とは?

  • 【2018年版】Jリーグのチーム数は、どんな遷移で増えたのか?

  • 【2017 J1リーグ】最新の順位表、順位推移表、勝点獲得ランキング

  • 【最新2018年】J1リーグの移籍情報の動向や噂まで幅広くまとめました!