1. TOP
  2. ACL
  3. 【2017 ACL】浦和レッズの対戦相手、日程、テレビ放送をまとめてみたよ!

【2017 ACL】浦和レッズの対戦相手、日程、テレビ放送をまとめてみたよ!

 2017/02/19 ACL Jリーグ この記事は約 10 分で読めます。

10年ぶりにアジア王者を目指す浦和レッズの前に立ち塞がるアジアの列強クラブ、試合日程、テレビ放送、視聴方法など、概要をまとめてみたので、ご覧ください。

浦和レッズ、過去のACLの成績

まずは、以下をご覧ください。

┃年度┃成績┃監督┃

┃2007┃優勝┃ホルガー・オジェック┃
┃2008┃ベスト4┃ゲルト・エンゲルス┃
┃2009┃不出場┃フォルカー・フィンケ┃
┃2010┃不出場┃フォルカー・フィンケ┃
┃2011┃不出場┃ゼリコ・ペトロビッチ→堀孝史┃
┃2012┃不出場┃ミハイロ・ペトロヴィッチ┃
┃2013┃GL敗退┃ミハイロ・ペトロヴィッチ┃
┃2014┃不出場┃ミハイロ・ペトロヴィッチ┃
┃2015┃GL敗退┃ミハイロ・ペトロヴィッチ┃
┃2016┃ベスト16┃ミハイロ・ペトロヴィッチ┃
┃2016┃ベスト8進出中┃ミハイロ・ペトロヴィッチ┃

浦和レッズが初めてのACLの挑戦権を手にしたのは、2007年です。しかも、初出場で初優勝という快挙を成し遂げました。

ACLで優勝したことで、続けて日本で開催されたFIFAクラブワールドカップにも出場。当時、ブラジル代表のカカー率いるACミランに敗れてしまいましたが、堂々の3位という成績を残しました。

しかし、その後、浦和レッズは、Jリーグでも低迷しました。2009年から4年間はACLに出場することができなかったんですねー。

ようやくACLに再び出場できるようになったのも、ミシャ(ミハイロ・ペトロヴィッチ)が就任してからです。

それでも2016年にベスト16に進出したのみで、およそ10年間は、ACLにおいては目立った成績の残せていないのが現実ではあります。

しかし、今年は良い選手をたくさん補強できたので、JリーグとACLのダブルヘッダーの過密日程を、うまくローテーションしながらいければ、それなりに良い結果を残せるのではないかと期待しています。

ACLの鍵は、ミシャのローテーションも含めたマネジメント能力が、去年以上に要求されるでしょう。

浦和レッズの対戦相手

浦和レッズは、グループFに振り分けられました。

浦和がもし「Jリーグ王者」だったならば、もう少し組み合わせは楽になっていました。事実、鹿島アントラーズと比べると、グループステージの対戦相手が浦和の方が強者が多いです。

グループステージのライバル

浦和の最大のライバルは、韓国Kリーグ王者の「FCソウル」中国スーパーリーグ3位の「上海上港」になってくるでしょう。

FCソウル

2016年のラウンド16で浦和は、FCソウルに敗れているので今回は雪辱を果たしたいところ。

そのFCソウルを率いるのは、柏レイソルやセレッソ大阪でもFWとして活躍した韓国名ストライカーだったファン・ソンホン。

韓国Kリーグは、2連覇中だった全北現代が八百長事件で勝点9を没収され、最終節でFCソウルが全北現代に1-0で勝利したことで、FCソウルが逆転優勝を飾り、今回のACLにチャンピオンとして出場することになった。

前線に、アドリアーノ、パク・チュヨン、ダミャノビッチなどタレントを揃え、3人で40点以上を挙げている強力な布陣。守備では、192センチのスペイン人オスマルがセンターバックとして最終ラインをまとめあげる。

いずれにしても攻撃力に特徴のあるチームと言えるだろう。ただ、去年までFCソウルの中盤でタクトをふるっていた高萩洋次郎がFC東京へ移籍した影響がどうなるのかは、未知数。

 

上海上港

下の動画は、2017ACLプレーオフ、タイのスコータイとのダイジェスト。

これで、しゃんはいじょうこう、と読みます。監督は、ポルトガル人でFCポルトやチェルシーでも監督を努めたことのあるビラス・ボアス。

上海上港は、数日前に元ポルトガル代表で、同じくチェルシーやレアル・マドリーで活躍したリカルド・カルバーリョを獲得したことがニュースになっていた。

もちろん、話題はこれだけではない。FCソウルのアタッカー陣も強力だが、このチームは欧州トップレベルとなんら遜色ないレベルだ。

日本ではおなじみの元ブラジル人代表のフッキに加えて、広州恒大で活躍したエウケソン、さらに爆買の象徴とも言える70億とも80億とも言われる移籍金でチェルシーから獲得したブラジル代表のオスカルもいる。

Jリーグも開幕当初は、ブラジル代表クラブの選手がいたので、何となくそのバブリーさはわかります。(笑)

とにかく前線のタレントは、半端ないですね。

 

ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ

昨年のヒュンダイAリーグ(オーストラリアでいうJ1)の2位。

2012年創設の新しいクラブにして、2014年にはわずか3年でACL王者に輝いた。

2012-2014まで小野伸二、2015年に高萩洋次郎、田中裕介が所属していたことでも知られている。
現在は、去年まで鳥栖に所属していた楠神順平が、プレーしている。

2012年から監督を務めるのは、1997年-2001年までサンフレッチェ広島でプレーしたトニー・ポポヴィッチ

ヒュンダイAリーグのシーズンは、2016/2017年シーズンで言うと、8月に開幕している。現在のところ、20試合ほど消化して、ウェスタン・シドニーは、中位に甘んじている。2/19現在で、5勝9分6敗の6位。

リーグではどちらかというと、負けの数よりも引き分けの数が多く、得点力不足に課題を抱えているようだ。ちなみに、首位は、シドニーFCが1敗で独走。

浦和レッズとしては、ACLでまずベスト16進出のためには、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズから2勝は欲しいところですね!

どこも強豪だらけですが、Jリーグ以上のヒリヒリした国際試合は、楽しみです!!!

 

試合日程(グループステージ)

4チームがホーム&アウエーで総当りするので、全部で6節あります。

◎第1節

・2017/02/21(火)19:30
FCソウル 0 – 1 上海上港

上海上港は、おなじみフッキの一撃でFCソウルをホームで沈めた。やはりアジアレベルを超えた強烈過ぎる一発だった。

・2017/02/21(火)19:00
WSW 0 – 4 浦和レッズ

浦和は初戦のアウェーを最高の結果でスタートを切った。この後、Jリーグ開幕と次節ホームでFCソウル戦と大事な試合が続く。

◎第2節

・2016/02/28(火)19:30
上海上港 5 – 1 WSW

・2017/02/28(火)19:00
浦和レッズ 5 – 2 FCソウル

予想外の大差での勝利で、見事連勝を飾ったのは大きいですね!
ただ、ちょっと気になるのは、まだローテーションが思ったほど出来ていないところがあって選手の疲労が気になります。早く新加入の選手が浦和のサッカーに慣れて、誰が出てもある程度パフォーマンスに差がないようになってくれば、JリーグとACLのダブルを狙えるのではないでしょうか。

◎第3節

・2016/03/15(水)19:30
FCソウル 2-3 WSW

・2017/03/15(水)19:30
上海上港 3-2 浦和レッズ

浦和にとってはミスが失点に直結したことは、このレベルならば仕方ないと思える部分あった。ただ、崩されてしまっての失点ではないから、思いのほか浦和にとってはショックは小さいのではないかと想像する。すでにこの負けは忘れて、次の4月に切り替えているだろうと思う。上海上港は十分に勝てる相手。

◎第4節

・2017/04/11(火)20:00
WSW 2-3 FCソウル

・2017/04/11(火)19:30
浦和レッズ 1-0 上海上港

PK2本を含むピンチもたくさんあったが、なんとか耐えて上海にリベンジを果たした。首位争いは続く。

◎第5節

・2017/04/26(水)19:30
上海上港 4-2 FCソウル

・2017/04/26(火)19:30
浦和レッズ 6-1 WSW

この試合でラウンド16進出を決めた。問題はここからだ。

◎第6節(最終節)

・2017/05/10(水)19:00
FCソウル 1-0 浦和レッズ

最終戦で、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズが上海上港に勝利したことの助けもあり、浦和は最終節FCソウルに破れたものの、グループステージを首位で通過した!ミシャ体制になって現時点でベスト8は過去最高の成績。あとは、これからどれだけ上に進めるか!

・2017/05/10(火)20:00
WSW 3-2 上海上港

 

ベスト16の戦い

◎ファースト・レグ

・2017/05/24(水)
済州ユナイテッド 2-0 浦和レッズ

◎セカンド・レグ

・2017/05/31(水)
浦和レッズ 3-0 済州ユナイテッド

ファースト・レグでの0-2から、見事逆転勝ちでベスト8進出を決めた!次の相手は、同じJリーグ勢である川崎フロンターレと。Jリーグのクラブとして必ず1つはベスト4に進出できると言われているが、出来ればここでの対戦は避けたかったのが正直な感想ですね。。。

ベスト8の戦い

◎ファースト・レグ

・2017/08/23(水)
川崎フロンターレ 3-1 浦和レッズ

◎セカンド・レグ

・2017/09/13(水)
浦和レッズ 4-1 川崎フロンターレ

まさかまさかの大逆転劇でのベスト4進出を決めました!

ベスト4の戦い

◎ファースト・レグ

・2017/09/27(水)
上海上港 1-1 浦和レッズ

アウェーでの試合を1-1のドローで追われたのは、浦和にとって大きなアドバンテージに繋がりましたね。

◎セカンド・レグ

・2017/10/18(水)
浦和レッズ 1-0 上海上港

難敵上海上港を1-0で退け、10年ぶりの決勝進出を決めました!!やったぞ浦和!!

ファイナルの戦い

◎ファースト・レグ

・2017/11/18(度)
アル・ヒラル(サウジ) – 浦和レッズ

◎セカンド・レグ

・2017/11/25(土)
浦和レッズ 0-0 アル・ヒラル(サウジ)

テレビ放送

放送時間

浦和レッズの試合は、日テレジータスおよびスカチャン3で放送されます。

スカチャン3とは
スカチャン3
スカパー! /プレミアムサービス/プレミアムサービス光に加入し、「日テレジータス」または「日テレジータス」を含むパック・セットいずれか1つをご契約いただいている方は無料でご視聴いただけます。
※放送時間は、日本時間です。

視聴方法

以下のチャンネルで生放送と録画放送があるようです。

日テレジータス (1393円/月)

浦和レッズの試合をLIVEで観ることが出来ます。

【視聴可否】
B-CASカードを受信機に挿入し、Ch161が映れば、スカパーを通じて視聴することが可能です!

今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込

※上記の金額には、月々の421円が含まれている料金なので、これ以上かかることはありませんので安心ですね。

まとめ

ACLは、Jリーグとも日本代表とも全く異なる趣のある魅力ある大会だと思っています。

賞金額が少ないことで、金銭面のインセンティブは強くはありません。

ただ、優勝チームにはFIFAクラブワールドカップの出場権が与えられることと、ACLで良い成績を残せないと、クラブレベルの国際競争力の低下という状況に陥りかねないという側面から、Jリーグも少しずつ力を入れ始めている様子です。

今年は、浦和と鹿島は2チーム分相当の戦力を備えていることを考えると、ACLでもそれなりの成績を残せるのではない、かと期待しています!

絶対にACL見たほうが良いです! 日本代表とは異なるヒリヒリした戦いは、絶対に面白い!!!

オススメです!

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

FOOTBALL SWITCH|フットボールスイッチの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FOOTBALL SWITCH|フットボールスイッチの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

記事を書いた人紹介 記事を書いた人一覧

FOOTBALL SWITCH ブログ部

FOOTBALL SWITCH ブログ部

昭和後期生まれ。アラフォーに片足突っ込んでますが、フットサル楽しんでます!2016年7月からこのブログを始めました!サッカーを中心に、「わかりやすく、楽しく」をモットーに書いています!


【初めての観戦シリーズ】

Jリーグは、93年開幕前のプレーシーズンマッチ。浦和レッズ対横浜フリューゲルス。日本代表は、サムライブルーならぬ、サムライレッドの定期日韓戦。(90年初頭の代表ユニは、赤だったのです)。海外の試合は、スタディオ・オリンピコにて、ローマ対レッジーナ。初めてのW杯は、テレビは90年イタリアW杯。この時のコロンビア代表が好きだった。生観戦は02年日韓W杯でイタリア対メキシコ、続けて日本対トルコを観戦。続く、06年もドイツで観戦。18年ロシア行きを企み中。。。


関連記事

  • 将来のJリーグ入会の最初の関門「Jリーグ百年構想クラブ」とは?

  • 【2018年版】Jリーグのチーム数は、どんな遷移で増えたのか?

  • 【2017 ACL】ガンバ大阪の対戦相手、日程、テレビ放送を書いてみたよ!

  • 【2017 J1リーグ】最新の順位表、順位推移表、勝点獲得ランキング

  • 【最新2018年】J1リーグの移籍情報の動向や噂まで幅広くまとめました!

  • 【2017年 ガンバ大阪の戦力】メンバー、予想順位、注目選手、期待値などを勝手に評価してみた!