1. TOP
  2. 【2016年 J1、J2、J3の昇格・残留・降格争い】すべてが分かるよ!

【2016年 J1、J2、J3の昇格・残留・降格争い】すべてが分かるよ!

 2016/11/08 Jリーグ この記事は約 13 分で読めます。

2016年シーズン、J1では降格する3チームが決まりました。残すところは、Jリーグは、真の年間王者を決定するチャンピオンシップ、そして2017年に向けたJ1昇格、J2昇格・降格、そして、J3昇格・降格が決まっていくことになります。

この記事を見れば、2016年シーズンのJ1の王者、J2とJ3の昇格・降格がすべて分かるようにまとめてみました!
 
 

スポンサーリンク

2016年 J1リーグ

J1はすでに降格3チームが決定しており、残すはチャンピオンシップのみとなっています。

チャンピオンシップ進出クラブ

2016年 Jリーグチャンピオンシップ

鹿島アントラーズ、通算8度目の年間王者に!!!

2016年のCS進出クラブは、浦和レッズ川崎フロンターレ鹿島アントラーズの3クラブです。

2015年同様、3チームでのチャンピオンシップです。浦和は、年間1位のアドバンテージがあるため、決勝で待ち構えるという状況です。

なお、CSは2016年で終了し、2017年は従来の1ステージ制に戻ります。

cs2016

 

 

 

チャンピオンシップの日程

準決勝

鹿島アントラーズが、1-0で勝利し、決勝進出を決めました!

○11/23(水・祝) 14:00~

川崎フロンターレ  0-1  鹿島アントラーズ

※年間2位のアドバンテージにより、川崎フロンターレホームで一発勝負

【テレビ放映】 スカパー、NHK総合、BS-TBS

 

決勝第1戦

◎11/29(火) 19:25~

鹿島 0-1 浦和レッズ

※鹿島のホームで第1戦は開催。

【テレビ放送】 スカパー、TBS

 

決勝第2戦

◎12/3(土) 19:30~

浦和レッズ 1-2 鹿島

【テレビ放送】 スカパー、NHK総合

トータルスコアで、2-2でしたが、鹿島がアウェーで2点取ったため、鹿島が年間王者になりました!

 

J2降格クラブ

J2への降格は、J1の16位~18位までの3チームです。降格クラブは、以下の通り。

・名古屋グランパス(初のJ2降格)
・湘南ベルマーレ(2年ぶり4度目のJ2降格)
・アビスパ福岡(1年でのJ2降格は4度目)

【J1年間順位】

=====CS進出=====
1位 浦和レッズ(74)
2位 川崎フロンターレ(72)
3位 鹿島アントラーズ(59)

4位 ガンバ大阪(58)
5位 大宮アルディージャ(56)
6位 サンフレッチェ広島(55)
7位 ヴィッセル神戸(55)
8位 柏レイソル(54)
9位 FC東京(52)
10位 横浜F・マリノス(51)
11位 サガン鳥栖(46)
12位 ベガルタ仙台(43)
13位 ジュビロ磐田(36)
14位 ヴァンフォーレ甲府(31)
15位 アルビレックス新潟(30)

=====J2へ降格=====
16位 名古屋グランパス(30)
17位 湘南ベルマーレ(27)
18位 アビスパ福岡(19)

2017年シーズンに向けたJ1クラブの移籍情報をまとめました!

2016年 J2リーグ

J2は、2チームがJ1へ自動昇格、1チームがプレーオフでJ1へ昇格。

合計で3チームが、J1への昇格となります。

J3への降格は、最下位がJ3へ自動降格、21位は、J3の2位とプレーオフで残留か降格かを決定。つまり、最大2チームが降格。

J1昇格争い

以下、2チームの自動昇格が決定しました。

J1昇格争い
以下、2チームが自動昇格

・J2優勝、北海道コンサドーレ札幌が自動昇格!!

・2位、清水エスパルスが1年でJ1へ復帰!!

・プレーオフで、セレッソ大阪が優勝しJ1へ3年ぶりに復帰!!

以下、4チームのJ1昇格プレーオフが決定しました。

J1昇格プレーオフ
J1昇格プレーオフ進出チームが決定!!

・3位 松本山雅FC

・4位 セレッソ大阪

・5位 京都サンガFC

・6位 ファジアーノ岡山

 

【J1昇格条件】

J2で年間2位以内・・・自動で2017年シーズンJ1へ昇格

J2で3位~6位・・・4チームでのプレーオフから優勝チーム

 

【J2最終順位】

=====J1自動昇格=====
1位 コンサドーレ札幌(85)
2位 清水エスパルス(84)

=====プレーオフ=====
3位 松本山雅FC(84)
4位 セレッソ大阪(78)
5位 京都サンガF.C.(69)
6位 ファジアーノ岡山(65)

7位 FC町田ゼルビア(65)
8位 横浜FC(59)
9位 徳島ヴォルティス(57)
10位 愛媛FC(56)
11位 ジェフ千葉(53)
12位 レノファ山口FC(53)
13位 水戸ホーリーホック(48)
14位 モンテディオ山形(47)
15位 V・ファーレン長崎(47)

 

J1昇格プレーオフ日程

2016j1playoff1204

 

 

 

【注意点】

引き分けの場合は、リーグ戦上位チームのアドバンテージにより、「勝ち抜き」となります!松本VS岡山が0-0でも、1-1でも引き分けた場合は、年間順位が上位の松本の勝ち抜けとなります。ある意味、3位のチームは、2試合連続引き分けでも、J1昇格が決まります!

準決勝①

○11/27(日) 15:30~

松本山雅FC(リーグ3位)  1-2 ファジアーノ岡山(リーグ6位)

会場は、アルウィン

【テレビ放映】 スカパー

準決勝②

○11/27(日) 15:30~

セレッソ大阪(リーグ4位) 1-1  京都サンガF.C.(リーグ6位)

会場は、キンチョウスタジアム

【テレビ放映】 スカパー

決勝

◎12/4(日) 15:45~

セレッソ大阪  1-0 ファジアーノ岡山

会場は、キンチョウスタジアム

【テレビ放映】 スカパー、NHK-BS1

セレッソ大阪・J1昇格決定!!

 

コチラは、2015年J1プレーオフ決勝の動画です。(アビスパ福岡 VS セレッソ大阪)

中村北斗の劇的同点ゴール、すごかった!!

 

J2残留争い

以下、1チームのJ3への自動降格が決定しました。

J2残留争い
J2の最下位、ギラヴァンツ北九州J3降格決定

【J2残留条件】

・20位以内に入る。
・21位のチームは、J3の2位とのホーム&アウェーで勝ち抜ければ、J2残留を決めることが出来ます。

【16位以下の順位】
16位 ロアッソ熊本(46)
17位 ザスパクサツ群馬(45)
18位 東京ヴェルディ(43)
19位 カマタマーレ讃岐(43)
20位 FC岐阜(43)

=====入れ替え戦=====
21位 ツエーゲン金沢(39)

=====J3自動降格=====
22位 ギラヴァンツ北九州(38)

 

J2・J3入れ替え戦

以下、1チームが入れ替え戦に進出するクラブが決定しました。

J2・J3入れ替え戦
J2の21位、ツエーゲン金沢が、J2・J3入れ替え戦参入決定

【追記】

ツエーゲン金沢、入れ替え戦で栃木SCに勝利し、残留決定!!

 

※2015年は、J3の2位のホームでの第1戦でしたので、おそらく今年もJ3チームのホームで開催される可能性が高いと思われます。

第1戦
・11/27(日) 12:30~

栃木SC  0-1 ツエーゲン金沢

アウェーで勝利したのは、金沢にとっては大きいですね!

 

第2戦
・12/4(日) 12:30~

ツエーゲン金沢 2-0  栃木SC

金沢が2連勝で、見事に栃木SCの昇格を阻みました!

 

スポンサーリンク

2016年 J3リーグ

J3からは、最大2チームが来季のJ2へ昇格が可能。

J3からJFLへの降格はなし。

J2昇格争い

J2昇格争い

大分トリニータが、J2へ自動昇格決定!!

【最終節】11/20

・盛岡 2-2 栃木
・栃木 2-4 大分

 

【J2昇格条件】

J3で優勝・・・自動で2017年シーズンJ2へ昇格

J3で2位・・・J2の21位のチームとホーム&アウェーでの勝ち抜け

 

【J3最終順位】
=====J2自動昇格=====
1位 大分トリニータ(61)

=====入れ替え戦=====
2位 栃木SC(59)

3位 AC長野パルセイロ(52)
4位 ブラウブリッツ秋田(50)
5位 鹿児島ユナイテッドFC(50)
6位 カターレ富山(49)
7位 藤枝MYFC(45)
8位 FC琉球(44)
9位 ガンバ大阪U-23(38)
10位 FC東京U-23(36)
11位 SC相模原(35)
12位 セレッソ大阪U-23(32)
13位 グルージャ盛岡(30)
14位 福島ユナイテッドFC(30)
15位 ガイナーレ鳥取(30)
16位 Y.S.C.C.横浜(20)

J2・J3入れ替え戦

J2昇格争い

J3の2位、栃木SCJ2・J3入れ替え戦に進出決定!

【追記】

入れ替え戦で、ツエーゲン金沢に破れ、J2昇格ならず・・・。

※2015年は、J3の2位のホームでの第一戦でしたので、おそらく今年もJ3チームのホームで開催される可能性が高いと思われます。

第1戦
・11/27(日) 12:30~

栃木SC 0-1 ツエーゲン金沢

栃木は、ホームで勝利できなかったので、次の第2戦にすべてをかけて・・・

 

第2戦
・12/4(日) 12:30~

ツエーゲン金沢 2-0  栃木SC

栃木SCは、1年でのJ2復帰は出来ませんでした・・・。

 

コチラは、2015年J2・J3入れ替え戦(大分トリニータ VS 町田ゼルビア)

2016年 JFL(ジャパンフットボールリーグ)

このカテゴリーでの最大の関心事は、2017年にJ3のチームは増えるのか、という事だと思います。

J1やJ2のように単純に何位以内に入れば、JFLからJ3へ昇格!というわけにはいかないんですね。

色々な条件があるので、それを満たせて初めて「J3に参加できる」というイメージに近いものがあります!

 

J3参加までの流れ

Jリーグ百年構想クラブに認定されること

J3クラブライセンスが付与されること

③ Jリーグ入会を理事会で承認されること

JFLでの競技成績で4位以内のうち、Jリーグ百年構想クラブの上位2クラブ

 

↓↓↓ Jリーグ百年構想クラブについて知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

J3ライセンスについて
J3クラブライセンス交付規則では、大きく5つの基準 [①競技基準 ②施設基準③人事体制・組織運営基準 ④法務基準 ⑤財務基準]を設けて審査を行っています。 例えば、②施設基準では、ホームスタジアムの必要なスペック、③人事体制・組織運営基準では、確保しておくべき人員、⑤財務基準では、3期連続の赤字または債務超過の場合には基準未充足となるといった基準が定められています。

出典:Jリーグ

 

このように少々複雑な感じになっております!

それを踏まて、現在のJFLの順位を見てみましょう。JFLは、11/13(日)に最終節でした。

JFLは、J1と同じように2ステージ制となっており、1st優勝の「流経大ドラゴンズ龍ヶ崎」と、2nd優勝のHonda FCの両チームでチャンピオンシップがこれから行われる予定です。

ただし、この両クラブが、J3へ昇格することはありません。

青色・・・JFLの競技成績以外は、J3参戦条件をクリアしているクラブ

緑色・・・Jリーグ百年構想クラブ

【JFL 通算順位】

1位 HONDA FC(61)
2位 ホンダロックSC(59)
3位 アスルクラロ沼津(59)
4位 FC大阪(58)
5位 ソニー仙台FC(57)
6位 流経大ドラゴンズ龍ヶ崎(54)
7位 ヴァンラーレ八戸(46)
8位 ラインメール青森(45)
9位 MIOびわこ滋賀(40)
10位 奈良クラブ(37)
11位 ブリオベッカ浦安(36)
12位 東京武蔵野シティFC(35)
13位 ヴェルスパ大分(31)
14位 FCマルヤス岡崎(30)
15位 栃木ウーヴァFC(16)
16位 ファジアーノ岡山ネクスト(7)

J3昇格に限りなく近いクラブ

JFLは、11/13に最終節までが終わりました。

上の青色のクラブの中で、「JFLの4位以内かつJリーグ百年構想クラブの上位2位以内」を満たすクラブは、1つしかありません。

3位アスルクラロ沼津です!

あのゴン中山が所属していることでも有名なクラブですね!ゴンさんは、2016年シーズンはベンチにも入っておらず、出場もありません。

そういうわけで、ジュビロ磐田、清水エスパルス、藤枝MYFCに次ぐ、静岡4クラブ目となるJリーグクラブが誕生するとともに、J3は17チームで行われることになりそうです!

近々、JFLのチャンピオンシップの終了をもって、Jリーグもしくは、クラブから正式に2017年のJ3参戦のお知らせがリリースされるのではないか、と思われます!

追記

JFLからJ3へ

アスルクラロ沼津、2017年J3へ参入決定!!

ついにJリーグより正式に2017年からのJ3参加の承認が正式に決まりました!

ちょうど村井チェアマンが電話しているところ!!!

おめでとうございます!!

 

SWITCH的まとめ

J1からJ3までの昇格、降格争いをまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

2016年のJリーグが佳境を迎えつつあるなかで、最後まで昇格争い、降格争いから目が離せません!

個人的には、J1の自動昇格の1位・2位争いが気になって仕方がないです!!

 
 

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

FOOTBALL SWITCH|フットボールスイッチの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FOOTBALL SWITCH|フットボールスイッチの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

記事を書いた人紹介 記事を書いた人一覧

FOOTBALL SWITCH ブログ部

FOOTBALL SWITCH ブログ部

昭和後期生まれ。アラフォーに片足突っ込んでますが、フットサル楽しんでます!2016年7月からこのブログを始めました!サッカーを中心に、「わかりやすく、楽しく」をモットーに書いています!

【初めての観戦シリーズ】
Jリーグは、93年開幕前のプレーシーズンマッチ。浦和レッズ対横浜フリューゲルス。日本代表は、サムライブルーならぬ、サムライレッドの定期日韓戦。(90年初頭の代表ユニは、赤だったのです)。海外の試合は、スタディオ・オリンピコにて、ローマ対レッジーナ。初めてのW杯は、テレビは90年イタリアW杯。この時のコロンビア代表が好きだった。生観戦は02年日韓W杯でイタリア対メキシコ、続けて日本対トルコを観戦。続く、06年もドイツで観戦。18年ロシア行きを企み中。。。

関連記事

  • 【2016年】JリーグCS(チャンピオンシップ)の組み合わせはこうなったよ!

  • 【2016年版】Jリーグのチーム数は、どんな遷移で増えたのか?

  • 【2017年 浦和レッズの戦力】メンバー、予想順位、注目選手、期待値などを勝手に評価してみた!

  • 【2017 ACL】浦和レッズの対戦相手、日程、テレビ放送をまとめてみたよ!

  • 【2017年Jリーグ移籍情報】例年以上にストーブリーグが活況か!?

  • Jリーグが掲げる「百年構想」とは、「スポーツでもっと幸せな国へ」