1. TOP
  2. アンダー日本代表
  3. 【U-20女子W杯パプアニューギニア2016】ヤングなでしこ世界一を目指す!

【U-20女子W杯パプアニューギニア2016】ヤングなでしこ世界一を目指す!

 2016/10/20 アンダー日本代表 この記事は約 16 分で読めます。

先日、ヨルダンで開催されたU-17女子ワールドカップでは、コスタリカ大会に続いて、「リトルなでしこ」たちが輝きを見せてくれました。

それに続けと言わんばかり、「ヤングなでしこ」の愛称をもつU-20女子日本代表が、パプアニューギニアにて開催のU-20女子ワールドカップに出場します。

実は、2014年にカナダ開催のワールドカップに日本は参加できませんでした。前年2013年のU-19女子アジア選手権で、得失点差で4位となり、出場権を獲得できなかったからなんです。。。

今回のパプアニューギニア開催のワールドカップには、アジア王者として出場するヤングなでしこ達を調べてみました!

まずは、過去のアジア選手権から確認してみたいと思います!

 

スポンサーリンク

過去の「AFC U-19女子アジア選手権」

過去8回のU-19女子アジア選手権が開催されています。うち、日本はなんと4回の優勝と、1回の準優勝とこれまたU-17女子日本代表と並んで、素晴らしい成績を残しています。

ただ、残念ながら、2013年のアジア選手権では4位となり、2014年カナダ開催のワールドカップの出場権を獲得することが出来ませんでした。

u19women-result

そして、そのリベンジに燃えた2015年の大会では、見事に優勝を飾り、2大会ぶりにワールドカップの出場権を獲得しました。

その優勝の中心メンバーの1人であるDFの乗松選手FWの籾木選手を軸に振り返ったアジア選手権の動画を見つけたので、少し長いですが、見たらきっとU-20女子日本代表のことがもっと好きになると思います!!

【1本目】

 

【2本目】

 

【3本目】

 

【乗松選手のtwitterより】

籾木選手と仲良しですね~!

2人は、10/24のメンバー発表の記者会見でも、高倉監督と同席していました。

監督の2人にかける期待度の大きさを物語っている気がしましたね。

過去の「FIFA U-20女子ワールドカップ」

過去、日本は4回のU-20女子ワールドカップに出場しています。

おそらく「ヤングなでしこ」という言葉が生まれたのは、2012年の日本開催のワールドカップだったのではないでしょうか?

この大会で日本は過去最高の3位という成績を収めました!!

田中陽子、猶本光、横山久美など、瑞々しい若きなでしこたちが躍動した記憶は、もう4年も前ですが、記憶に新しいところです。

u20women-result

あまり知られていないかもしれませんが、1つ下のカテゴリーにあたるU-17女子日本代表と比べると・・・。

U-17女子日本代表のワールドカップにおける過去の成績

・2008年大会・・・ベスト8

・2010年大会・・・準優勝

・2012年大会・・・ベスト8

・2014年大会・・・優勝

・2016年大会・・・準優勝

U-17とU-20では、本戦であるワールドカップでの成績に、少し差があるようです。

ううう~U-20女子日本代表も頑張れ~!!!

この年代では、ドイツ、アメリカ、ナイジェリア、北朝鮮あたりが優勝候補に挙げられます。

日本は8月にドイツ遠征をしており、その時はドイツに勝利しています。日本も優勝候補の1つと期待していますよ!!

 

2016 FIFA U-19女子ワールドカップ in パプアニューギニア 概要

【出場国】 16カ国

アジア(3)・・・日本、北朝鮮、韓国

北中米カリブ海(3)・・・アメリカ、メキシコ、カナダ

アフリカ(2)・・・ガーナ、ナイジェリア

南米(2)・・・ブラジル、ベネズエラ

オセアニア(1+1)・・・ニュージーランド、パプアニューギニア(開催国枠)

欧州(4)・・・スペイン、ドイツ、フランス、スウェーデン

 

【開催期間】

2016/11/13-12/3

 

【レギュレーション】

4カ国×4グループで、各グループ上位2カ国がノックアウトステージ(決勝トーナメント)に進出

 

【対戦相手】

日本は、Bグループに所属。スペイン、カナダ、ナイジェリアと強豪国と同組。

第1節

・2016/11/13 日本 6-0 ナイジェリア

第2節

・2016/11/16 日本 0-1 スペイン

第3節

・2016/11/16 日本5-0 カナダ

グループBの1位でノックアウトステージ進出を決めました!!

u20bgroup1120

 

グループステージ

【グループA】

日本のグループとノックアウトステージで対戦するグループA。

三つ巴の戦いを勝ち抜いたのは、北朝鮮とブラジル。北朝鮮は、3連勝で首位通過

2位通過となったブラジルが、日本と準々決勝で対戦する。

u20agroup1120

 

第1節

・2016/11/13 スウェーデン 0-2 北朝鮮

・2016/11/13 パプアニューギニア 0-9 ブラジル

第2節

・2016/11/16 北朝鮮 4-2 ブラジル

・2016/11/16 スウェーデン 6-0 パプアニューギニア

第3節

・2016/11/20 北朝鮮 7-1 パプアニューギニア

・2016/11/16 ブラジル 1-1 スウェーデン

 

【グループB】

スペインに敗れた日本だったが、最終節でカナダに5-0で完勝し、ナイジェリアがスペインに勝利したため、運良く首位通過となりました!

できれば準々決勝で北朝鮮との対戦は、避けたかったことを思うと、ナイジェリアの勝利は、日本にとっては本当にラッキーなものになるかもしれません。

u20bgroup1120

 

第1節

・2016/11/13 スペイン 5-0 カナダ

・2016/11/13 日本 6-0 ナイジェリア

第2節

・2016/11/16 日本 0-1 スペイン

・2016/11/16 ナイジェリア 3-1 カナダ

第3節

・2016/11/20 ナイジェリア2-1 スペイン

・2016/11/16 日本 5-0 カナダ

 

【グループC】

グループCでは、アメリカとフランスが勝点も、得失点も、得点、失点数もすべて同数となったため、フェアプレーポイントで上回ったアメリカがグループ首位の座を確保。フランスは2位で予選を通過。

u20cgroup1121

 

第1節

・2016/11/14 フランス 0-0 アメリカ

・2016/11/14 ガーナ 0-1 ニュージーランド

第2節

・2016/11/17 フランス 2-2 ガーナ

・2016/11/17 ニュージーランド 1-3 アメリカ

第3節

・2016/11/21 ニュージーランド 0-2 フランス

・2016/11/21 アメリカ 1-1 ガーナ

 

【グループD】

グループDでは、強豪ドイツが3戦全勝で1位。2位争いは、メキシコが勝ち抜いた。

u20dgroup1121

 

第1節

・2016/11/14 ドイツ 3-1 ベネズエラ

・2016/11/14 メキシコ 0-2 韓国

第2節

・2016/11/17 ドイツ 3-0 メキシコ

・2016/11/17 韓国 3-0 ベネズエラ

第3節

・2016/11/21 韓国 0-2 ドイツ

・2016/11/21 ベネズエラ 2-3 メキシコ

 

ノックアウトステージ(決勝トーナメント)

NEW 12/3 北朝鮮が、決勝でフランスを3-1で勝利。2度目の優勝を決める。

NEW 12/3 日本が、3位決定戦で1-0で勝利。2大会ぶりに3位になる。

 

準々決勝

北朝鮮 3-2 スペイン

日本 3-1 ブラジル

アメリカ 2-1 メキシコ

フランス 1-0 ドイツ

先日、ヨルダンで開催されたU-17女子ワールドカップと同じように、ベスト4に北朝鮮と日本が残りました。

ちなみに、日本は2年前のコスタリカでのU-17女子ワールドカップで優勝しているわけですが、杉田や長谷川など当時の主軸が今回もメンバーに選ばれていて、2年前のベスト4の顔ぶれは、日本、スペイン、イタリア、ベネズエラでした。

2014年のU-17女子から2年が経過して、今回のU-20女子ワールドカップ。同じくベスト4に進出しているのは、日本だけです。

準決勝

北朝鮮 2-1 アメリカ(11/29)

・日本 1-2  フランス(11/29)

日本は残念ながら準決勝でフランスに負けてしまいました。U-20女子ワールドカップで決勝に進出したことがなかったので、なんとか決勝に行ってほしかったのですが、残念です。

一方で、同じアジア代表の北朝鮮がアメリカに勝利して、決勝進出を決めました。おめでとうございます!

決勝/3位決定戦

【決勝】
北朝鮮 3-1 フランス(12/3)

北朝鮮は、先日ヨルダンで開催されたU-17でも先日世界チャンピオンになり、2カテゴリーでワールドチャンピオンに輝きました。

【3位決定戦】
日本 1-0 アメリカ(12/3)

日本は、2012年日本開催のU-20女子ワールドカップ以来の3位でフィニッシュです。お疲れ様でした!

u20kn1203

 

スポンサーリンク

日本の今大会の成績

大会情報

NEW!!  12/3 ヤングなでしこ、アメリカに1-0で快勝。大会を3位で終える!!

詳細は、コチラ。【U-20女子W杯パプアニューギニア2016】プレイバック記事

 

テレビ放送

グループステージ

【LIVE】日本 VS ナイジェリア
11/13(日) 17:50-20:10 @フジテレビNEXT

【LIVE】日本 VS スペイン
11/16(水) 14:50-17:10 @フジテレビNEXT

【LIVE】日本 VS カナダ
11/20(日) 14:50-17:10 @フジテレビNEXT

 

ノックアウトステージ

準々決勝

【LIVE】日本 VS ブラジル
11/24(木) 18:20-21:30 @フジテレビNEXT

準決勝

【LIVE】日本 VS フランス
11/29(火) 18:20-21:30 @フジテレビNEXT

 

自宅でCS161のチャンネルが映る方は、すぐにスカパーにお申込みができるようです。 フジテレビNEXTは、たしか月1200円くらいだったと思います。

今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込

 

テレビで見れない人向けに

PCサイト

FIFAの公式サイトでライブで速報してくれています!

動画はないです。テキストや情報だけです!

LIVEテキスト速報  

 

スマホ向けアプリ

iPhoneでもアンドロイドのどちらも利用が可能です!!

私は、このアプリは結果の速報の通知機能もあり、便利です!ただ、日本語がないのでご注意下さい!

【インストール方法】

http://www.fifa.com/mobile/index.html 

上記リンクにアクセスします。

②画像の赤枠のところからそれぞれのアプリのインストール画面に移動してインストールして頂きます。

app1

ヤングなでしこのスタッフとメンバー

監督は、なでしこジャパンの監督を務める高倉監督が、このチームも兼任しています!

なでしこはしばらくビッグマッチがないのもありますし、その昔、トルシエさんがA代表、五輪代表、U-20の3つのカテゴリーを率いたようなやり方と、同じようなことをやっているイメージに近いかもしれません。

スタッフ

監督:高倉 麻子 タカクラ アサコ(JFAナショナルコーチングスタッフ)

コーチ:大部 由美 オオベ ユミ(JFAナショナルコーチングスタッフ)

GKコーチ:渡邉 英豊 ワタナベ ヒデトヨ(JFAナショナルコーチングスタッフ/大宮アルディージャ)

メンバー

  • 太字の選手は、2012年U-17女子W杯メンバー(アゼルバイジャン)
  • 赤字の選手は、2014年U-17女子W杯メンバー(コスタリカ)
  • 青字の選手は、上記両大会メンバー

 

GK

1 平尾 知佳 ヒラオ チカ(浦和レッズレディース)

21 浅野 菜摘 アサノ ナツミ(ちふれASエルフェン埼玉)

12 松本 真未子 マツモト マミコ(浦和レッズレディース)

 

DF

5 乗松 瑠華 ノリマツ ルカ(浦和レッズレディース)

13 羽座 妃粋 ハザ ヒスイ(日体大 FIELDS 横浜)

2 清水 梨紗 シミズ リサ(日テレ・ベレーザ)

2 水谷 有希 ミズタニ ユウキ(筑波大学)

16 守屋 都弥 モリヤ ミヤビ(INAC神戸レオネッサ)

3 北川 ひかる キタガワ ヒカル(浦和レッズレディース)

4 市瀬 菜々 イチセ ナナ(ベガルタ仙台レディース)

============================================
※清水選手の怪我のため、水谷選手を追加招集。
============================================

MF

6 隅田 凜 スミダ リン(日テレ・ベレーザ)

8 長谷川 唯 ハセガワ ユイ(日テレ・ベレーザ)

7 杉田 妃和 スギタ ヒナ(INAC神戸レオネッサ)

14 三浦 成美 ミウラ ナルミ(日テレ・ベレーザ)

17 松原 志歩 マツバラ シホ(セレッソ大阪堺レディース)

19 塩越 柚歩 シオコシ ユズホ(浦和レッズレディース)

15 宮川 麻都 ミヤガワ アサト(日テレ・ベレーザ)

20 林 穂之香 ハヤシ ホノカ(セレッソ大阪堺レディース)

 

FW

10 籾木 結花 モミキ ユウカ(日テレ・ベレーザ)

18 上野 真実 ウエノ マミ(愛媛FCレディース)

11 河野 朱里 カワノ ジュリ(早稲田大)

9 西田 明華 ニシダ メイカ(セレッソ大阪堺レディース)

 

注目の選手

今回のU-20W杯に出場する「ヤングなでしこ」のメンバーの中で、どの選手を注目選手として書こうか、正直悩みました・・・。いい選手が多すぎて(笑)

その中で、今回のメンバーに最多6人の選手を輩出し、2016年なでしこリーグでもチャンピオンに輝いた「日テレ・ベレーザ」の選手を紹介したいと思います!

長谷川 唯(ハセガワ ユイ)選手

 

【シルバーボール賞に輝いた2年前のU-17W杯】※シルバーボール賞とは、大会最優秀選手の次点に選手に与えられる賞。

【長谷川選手は、左端】

1997年1月29日生まれ。MF(中盤の選手)

156cm/46kg

2012年と2014年の2度もU-17ワールドカップに参加して、世界一を経験してます!

2013年からは16歳ながらなでしこリーグにも参戦している逸材ですよ!順調に成長して、今シーズンはバリバリのレギュラーとして、なでしこリーグ優勝に大きく貢献しました!

身長も大きくなくて華奢な感じですが、切れ味鋭いドリブルやボールフィーリングは、素晴らしいものを感じますね。これからもっとがっしりとした体型になれば、なでしこジャパンにも入ってくる選手ですよ!!

籾木 結花(モミキ ユウカ)選手

 

【籾木選手は、左端。長谷川選手は右端。真ん中は清水選手。】

1996年4月9日生まれ MF/FW

153cm/49kg

普段は慶応大学に通う大学生という立場もありながら、所属の日テレ・ベレーザでは若くして背番号10番を背負う逸材。

また、2016年のなでしこリーグのベスト11にも選出されるほどの実力の持ち主ですよ!!小柄なレフティなんです!

幼さも残る表情の籾木選手ですが、とても聡明な顔立ちに感じます。インテリジェンスを感じますし、メッシのようなクイックネスで相手をズラす技術もあります!

 

SWITCH的まとめ

今大会のメンバーは、すでになでしこリーグでレギュラーとして活躍している選手も多く、またU-17女子ワールドカップでもすでに世界を経験している選手も多く、経験値という意味では、過去3位だった2012年大会よりも高いと見ています!

高倉監督は、目標を明言してはいませんが、心のなかでは「ベスト4以上」を狙っているのではないか、という気がします!!

このメンバーなら過去最高の3位を超えれるのではないでしょうか!!

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

FOOTBALL SWITCH|フットボールスイッチの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FOOTBALL SWITCH|フットボールスイッチの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

記事を書いた人紹介 記事を書いた人一覧

FOOTBALL SWITCH ブログ部

FOOTBALL SWITCH ブログ部

昭和後期生まれ。アラフォーに片足突っ込んでますが、フットサル楽しんでます!2016年7月からこのブログを始めました!サッカーを中心に、「わかりやすく、楽しく」をモットーに書いています!


【初めての観戦シリーズ】

Jリーグは、93年開幕前のプレーシーズンマッチ。浦和レッズ対横浜フリューゲルス。日本代表は、サムライブルーならぬ、サムライレッドの定期日韓戦。(90年初頭の代表ユニは、赤だったのです)。海外の試合は、スタディオ・オリンピコにて、ローマ対レッジーナ。初めてのW杯は、テレビは90年イタリアW杯。この時のコロンビア代表が好きだった。生観戦は02年日韓W杯でイタリア対メキシコ、続けて日本対トルコを観戦。続く、06年もドイツで観戦。18年ロシア行きを企み中。。。


コメント

  1. furiten より:

    小林と清家が怪我なのが、残念ですね。

    1. FOOTBALL SWITCH ブログ部 FOOTBALL SWITCH ブログ部 より:

      furitenさん

      コメントありがとうございます!
      2人は本来ならメンバーに入ってきたであろうことを考えると、残念ですね。。。
      次はU23ラマンガやなでしこに入ってほしいですね!

  2. Geolog より:

    今回のメンバーに羽座妃粋選手が選ばれていたのを見て少しほっとしました。日の本学園が全国高校選手権で優勝したときの中心選手で、フル代表にも選ばれたことのある逸材ですが、日体大に入ってから足の故障でしばらく名前が試合メンバーからはずれていたので心配していましたが、今回の招集に間に合ってよかった。彼女は乗松選手とともに将来のなでしこジャパンのセンターバックを張る人だと思います。
    長野風花選手がコスタリカU-17大会の時のように飛び級で選ばれるかと思ったのですが、今回それはなかったですね。長野選手、成長してプレーの特徴や役割が杉田妃和選手と重なる部分が多くなってきた、と高倉監督が判断したのでしょうか。それとも今年のU-17大会が終わったばかりだから少し休みなさいということなのかな。

    1. FOOTBALL SWITCH ブログ部 FOOTBALL SWITCH ブログ部 より:

      Geologさん

      長文コメントありがとうございます!
      仰る通り、羽座選手選ばれて本当に良かったですねー!なでしこデビューは、たしか2014年でしたでしょうか。もう2年も前になりますか。でも10代で代表に選ばれる逸材ですから、仰る通り、乗松選手とともにこれからなでしこのCBに食い込んでほしいですよね!いやー、U20ワールドカップこれから本当に楽しみです!過去最高の3位を超えてほしいですね!そうですね、私も長野選手が飛び級で入るのかなと思っていたのですが、少し休んでってことかもしれませんね。来年のラマンガに呼ばれたりするかもしれませんね。この世代は本当に素晴らしい選手が多いので、良い意味で高倉監督を悩ましてくれるのではないかと思いますね!すいません、長くなってしまいました(-.-;)

  3. 長谷川弘 より:

    申し訳ないが、あまり女子サッカーはご存知ないようですね。
    私は、ポートピア81で、初めて女子チームがヨーロッパチームと対戦し、(←何処と対戦したか御存知ですか? 当然、当時は地上波で2試合とも放送しました)大敗を喫した頃から応援しております。当時は「なでしこジャパン」という愛称もなかったですが。
    男子はよくご覧になっているようですが、女子も少しは見てあげて下さい。
    多少、指摘させてもらいます。

    1. FOOTBALL SWITCH ブログ部 FOOTBALL SWITCH ブログ部 より:

      長谷川様

      当ブログをご覧頂き、ありがとうございます!
      そうなんです、わたくしは女子サッカーはあまり詳しくないんです。このブログを初めて、女子サッカーのことをもっと知りたい!という気持ちが芽生えたんです!
      ポートピア81国際女子サッカーという大会があったことは、初めて知りました!とても勉強になります!教えて頂きまして、ありがとうございます!

      長谷川様ほど男子もきっと知らないと思います。なにせ生まれが80年代初頭ですので、W杯も初めてテレビで見たのがイタリア大会だったものですから。
      私も女子サッカーはもっと学びたいと思っていますが、長谷川様のような方がいらっしゃると、とても頼もしいです!
      厚かましい限りで申し訳ないのですが、ぜひ、色々と教えて頂ければ、大変うれしく思います!コメント嬉しかったです。ありがとうございます!

  4. 長谷川弘 より:

    長くなります。また、私は携帯電話もパソコンも持っておりませんので、入力したメールアドレスは適当です。その点については、御了承ください。
    >おそらく「ヤングなでしこ」という言葉が生まれたのは、2012年の日本開催のワールドカップだったのではないでしょうか?
    確かに日本開催の際にJFAから正式な愛称として決定されました。但し、それ以前のアジアカップ時から「ヤングなでしこ」と女子サッカーを知っているサポーターの間では呼ばれていました。ちなみに「なでしこジャパン」「ヤングなでしこ」は正式な愛称ですが、「リトルなでしこ」は正式な愛称ではありません。
    >この年代では、ドイツ、アメリカ、ナイジェリア、北朝鮮あたりが優勝候補に挙げられます。
    >日本は8月にドイツ遠征をしており、その時はドイツに勝利しています。日本も優勝候補の1つと期待していますよ!!
    ちょっと驚きました。今回は日本が優勝候補の1番手と海外でも言われています。
    ドイツはヨーロッパ予選3位(実質は4位では?)で、優勝候補に挙がっておりません。ヨーロッパ予選のTOPはスウェーデン、2位はスペイン、ドイツは5位のノルウェーにPK勝利で出場権を辛くもつかみとりました。
    また、この世代のアメリカは

  5. 長谷川弘 より:

    長かったようで、途中で切れてしまいました。申し訳ございません。

    ドイツですが、今回の日本チームの8月のドイツ遠征時に対戦して勝利しましたが、その試合を見ておられますか?
    1対0でしたが、圧勝に近かったです。ボール保持率は7割強、シュート数は4倍、ドイツは徹底した引き戦術で、守りきってワンチャンスを活かす形でした。終了間際に攻め込まれる時間もありましたが、守りました。凌ぎきったというイメージではありませんでした。私の感想としては、日本チームの決定力において課題はありましたが、それ以上にドイツチームの決定力の低さも目につきました。
    また、アメリカですが、5月の開催地パプアニューギニアへの遠征時に、なでしこリーグの1部で5対0で勝利しています。ちなみにこの遠征では、なでしこリーグの1部に所属する選手は殆んど参加していません。言い方は悪くなりますが、俗に言う「2軍チーム」です。以下はアドレスです。
    http://www.jfa.jp/national_team/u20w_2016/20160524/news/00009933/

    私らが考えていた優勝候補は、日本、北朝鮮、スウェーデン、ナイジェリアでした。

  6. 長谷川弘 より:

    サッカーですし、一発勝負なので、絶対はありませんが、準決勝の北朝鮮VSアメリカは90%以上、北朝鮮が勝つと思います。北朝鮮に問題があるとすれば、海外遠征や対外試合を全くやっていないことでしょうね。仕方がないとも言えますが。
    さて、日本もグループリーグで、この世代では対4連勝していたスペインに守りきられてのPK一発で負けてしまうといういやな意味でのサプライズを起こされてしまいました。
    次の準決勝のフランスですが、普通に戦えば、やはり90%以上、日本が勝利するでしょうが、スペイン戦の時のようになるのが、唯一の懸念材料です。この世代のフランスは準々決勝のドイツ戦でも明らかなように、非常に守りの強いチームです。気を引き締めて戦ってほしいですね。
    >スペインに敗れた日本だったが、最終節でカナダに5-0で完勝し、ナイジェリアがスペインに勝利したため、運良く首位通過となりました!
    >できれば準々決勝で北朝鮮との対戦は、避けたかったことを思うと、ナイジェリアの勝利は、日本にとっては本当にラッキーなものになるかもしれません。
    ナイジェリアに失礼では? ナイジェリアは事前の欧州遠征で、スペインに6対2、フランスに3対2で勝利しています。ナイジェリアは同グループでしたので、この試合も(今まさに使わせてもらっている・・・なでしこファン仲間の)パソコンでインターネットを利用して観戦しました。アフリカのチームらしく、守備力は問題点だらけでしたが、身体能力を含むスピード、攻撃力は侮れないと感じました。グループ内では最も怖いチームと、初戦に対戦するので、身構えて見ていたくらいです。
    このグループですが、カナダは論外でした。私らの事前予想では、1位が日本、2位がナイジェリアだろうと思っていました。ですので、日本がスペインに負けたのは我々の間では驚きで、「グループリーグでよかった」と思った次第です。

  7. 長谷川弘 より:

    長々と申し訳ございませんでした。
    私は58年の生まれなので、男子サッカーは1968年のメキシコシティオリンピックから(釜本がエースです、名コンビとして杉山隆一、スーパーサブに今は亡き渡辺正、五輪の男子サッカーで唯一のメダル獲得!!)、女子はポートピア81からですが、当時は女子リーグ(L・リーグ、後になでしこリーグと呼ぶようになったのはずっと後)はテレビでは全く放送していなかったので、観戦に行ったことがあります。
    ちなみに男子ワールドカップは1978年のアルゼンチン開催から見てますが、日本も出場できていませんでしたし、殆んどテレビでは放送してくれず、UHFや海外で発売されたビデオなどで見ていました。
    女子ワールドカップは1991年の第1回の中国開催から見ています。日本はその時から7大会連続で出ています。
    日本が出ていたからか、地上波では放送しませんでしたが、衛星放送、すなわちBSで放送していました。ただ、日本が戦っている試合ですら、生中継ではなく、録画で深夜に放送したりしていましたがね。

    今日はお付き合いいただき、ありがとうございました。
    次回、投稿できるようなことがあれば、日本女子(なでしこジャパン・ヤングなでしこ・リトルなでしこ)の各国との対戦模様や、男子とは全く異なる、世界の女子強豪チームの地図でも書くつもりです。
    欧州の強豪チームの地図が男子とは全然誓います(ポルトガルやベルギー、東欧諸国などは日本から見て格下も格下)
    加えて南米はブラジル以外、強豪国と呼べる国は一切ありません。ブラジルも日本から見て格下です。
    アジアは・・・男子は残念ながら強豪揃いとは言えませんが、女子は強豪揃いです。
    ワールドカップの枠数を見ても分かると思います。現在、男子は32チームでアジア枠は4.5、女子は24チームで5枠です。女子が32チームにした場合、アジア枠は6.5~7枠にするようです。
    アジアの男子、頑張れ!!!

コメントを残す

*

関連記事

  • 【U-20女子W杯パプアニューギニア2016】プレイバック記事

  • 【2016 FIFA U-17女子W杯ヨルダン】2連覇の偉業に挑んだリトルなでしこ!

  • 【AFC U-16選手権インド2016】是が非でもU-17W杯を目指すU-16日本代表

  • 【U-19選手権バーレーン2016】君たちはU-20W杯の切符を取れる!

  • 【U-16選手権インド2016】U17W杯の切符を手にした00ジャパンを振り返る!

  • 【U-17女子W杯ヨルダン2016】準優勝に終わった大会を振り返る!